画像をクリックすると大きくなります

@

A
中リョウ穴刺鍼が不妊症患者の子宮・卵巣血流に及ぼす影響

1)東洋医学研究所®グループ 明生鍼灸院 
2)竹内病院トヨタ不妊センター        
3)明治鍼灸大学臨床鍼灸医学U      
村中友香1) 高橋順子1) 青木美鈴1) 
木津正義1) 鈴木裕明1) 
俵 史子2) 本城久司3) 北小路博司3)

【目的】我々はこれまで不妊症患者に対し鍼治療を行い妊娠率の改善について検討してきた。しかしながら鍼治療の効果機序について詳細は不明であった。今回、鍼治療が不妊症患者の子宮・卵巣血流におよぼす影響について検討した。
【方法】対象は竹内病院トヨタ不妊センターを受診し胚移植を2回以上行うも妊娠に至らなかった9名で、年齢26〜40歳(平均32.8±4.6歳)、不妊歴2〜7年(平均4.2±1.6年)であった。血管抵抗の測定方法はLOGIQ400を用い経膣的にカラードップラー法にて左右子宮動脈、子宮放射状動脈、左右卵巣周囲血管のResistance index(RI)をそれぞれ測定した。鍼治療方法は中リョウ穴に直径0.3mm、長さ60mmの鍼を約50〜60mm刺入し徒手的刺激を合計10分間行った。鍼治療は週1回間隔で月経2周期施行し、鍼治療期間開始前と鍼治療期間終了後のいずれも月経周期3〜7日目に血流測定を行なった。
【結果】鍼治療後、子宮動脈RI値は0.87から0.80になり、有意(p<0.05)な減少を示した。子宮放射状動脈のRI値は0.81から0.77と減少する傾向を示した。
卵巣周囲血管においては測定不能の3症例を除いた6症例で検討を行なった。その結果、右卵巣周囲血管RI値は0.84から0.87となり、左卵巣周囲血管RI値は0.93から0.87と左右共に有意な変化を示さなかった。
【考察と結語】子宮動脈のRI値が有意な減少を示したことから、中リョウ穴刺鍼が子宮の血流改善に関与したことが明らかとなった。しかし、卵巣周囲血管に関してはRI 値の有意な変化はみられなかったため、卵巣血流においては更なる検討の必要性が示唆された。

キーワード:中リョウ穴、子宮動脈、子宮放射状動脈、不妊症、Resistance index、卵巣周囲
血管

B

C

D

E

F

G

H

I

HOME